2017/06/03

平成29年山口市議会 経済建設委員会視察

5月23日から25日の3日間、山口市議会経済建設委員として先進他市の事例を伺うべく視察をしてまいりました。今回は愛知県岡崎市の「岡崎ビジネスサポートセンター」、岐阜県大垣市の「産学官連携による共同開発支援への取り組み」、兵庫県加西市の「新規就農支援への取り組み」について調べてまいりました。
以下、時系列に写真を並べ視察報告をいたします。


23日 愛知県岡崎市「岡崎ビジネスサポートセンター」
sisatu20170523-07.jpg
岡崎ビジネスサポートセンターは岡崎市と岡崎商工会議所が共同で開設し、岡崎信用金庫をはじめとする金融機関や、ヤフーショッピング・楽天などと幅広い業務提携を行っているとのことでした。

sisatu20170523-10.jpg
またその立地は、中小企業経営者が来訪しやすいよう、岡崎市図書館交流プラザに併設されています。

sisatu20170523-11.jpg
この施設はオカビズの他に中央図書館、活動支援機能(市民活動総合支援センター、印刷作業室、情報コーナー、会議室、調理室等)や文化創造機能(コンサートホールスタジオ、ギャラリー、創作室、歴史資料展示室、ジャズコレクション展示室等)、交流機能(交流スペース、読書広場、芝生広場、ストリート広場、乳幼児室、コンビニ&カフェ)を併設し、広く市民のニーズにも応えています。

sisatu20170523-13.jpg
オカビズはもとより、交流プラザについても、新山口北口拠点施設の良い参考になると考えられます。

sisatu20170523-14.jpg
市の担当課にも視察を推奨します!

sisatu20170523-15.jpg
sisatu20170523-16.jpg


24日 岐阜県大垣市「産学官連携による共同開発支援への取り組み」

sisatu20170524-01.jpg
ソフトピアジャパン(岐阜県大垣市)はIT関連企業の集積や優れた情報基盤を生かして、地域産業の高度化を担う人材を育成・供給し、ソフトピアジャパンエリアを「ITビジネスネットワーク拠点」、「中部のIT拠点」として発展させると共に、ITによる生産性向上や商品の競争力向上を目指した産業の情報化と、これを支える情報サービス業の振興を通じ、県内産業の活性化を図る事を目的としているそうです。

sisatu20170524-02.jpg
またIAMASという高度人材育成のための県立大学院を併設しています。

sisatu20170524-04.jpg
IAMASは当初メディアアートのクリエイターを育てる専門学校であったそうですが、20年の時を掛け現在の形になったとのこと。

sisatu20170524-05.jpg
行政とクリエイターの関係を円滑にするにはコミュニケーションが大切であり、行政の担当課を含め全体をプロデュースする人間(コミュニケーター)が必要との話が印象的で、YCAMにも活きる話だなと感じました。

sisatu20170524-07.jpg
また、本センターは4つの建物(ビル)からなり、会議室、ホールは基より、技術開発室、インキュベートルーム、県営賃貸住宅、貸し切り宿泊施設、銀行、コンビニ、レストラン等、必要なものは全て揃っているとのこと。

sisatu20170524-09.jpg
大垣市も岡崎市同様、北口拠点施設の参考になると思われます。また繰り返しになりますが、YCAMの運営に関してもIAMASが良いお手本になるのではと感じた次第です。

sisatu20170524-10.jpg


25日 兵庫県加西市「新規就農支援への取り組み」

sisatu20170525-01.jpg
加西市の新規就農支援は、施策については特に目新しい点は無いように感じました。ただし、その取り組みにおいては、庁内の若手職員で構成する人口増プロジェクトで取り上げられているとの事であったり、

sisatu20170525-03.jpg
また就農者の支援体制として加西市・JA兵庫みらい・加西農業改良普及センター・加西市農業委員会の4者が毎月1回会合を持っている事など、人や組織のあて方について大変興味深く伺うことができました。

sisatu20170525-06.jpg

以上、3日間と駆け足の視察ではございましたが、先進他市の事例に触れ、新たな知見に恵まれた良い旅であったという風に感じております。こうして現地に出向くことで得られた事実や感触、知恵・知識をまた地元山口市に還元すべく市政への提言を行ってゆく所存でございます。
関連記事

コメント

非公開コメント