2018/10/25

行政視察レポート~PR推進事業について(宮崎県都城市)

行政視察レポート~PR推進事業について(宮崎県都城市)

都城市のPR基本戦略は
1.都城市を知ってもらう
2.都城市に関心を持ってもらう
3.都城市を選んでもらう
の非常にシンプルなものである。市の特産物である畜産品(牛肉・豚肉・鶏肉)と売上額日本一の焼酎(霧島酒造)に絞り、PRを行ってきた成果がふるさと納税2年連続日本一であり、その額は昨年度で約75億円。
現在は、その成功を更に広げるためマスメディアを使った戦略と、納税データより行ったマーケティングを活かし、東京圏、福岡県で積極的なPR活動を潤沢な資金を背景に行っているとのことであった。

行政視察レポート~PR推進事業について(宮崎県都城市)



総 評
今回、宮崎県への行政視察において一番感じた事は、地方創生の時代を迎え、各自治体が本気で生き残りを模索しているという点である。同じ宮崎県内でありながら全国的にも評価の高い取り組みが”各々の都市で行われている”事に観光戦略のポテンシャルが如何に高いかを感じた。
次に、マーケティングの重要さである。3市とも市内外特に市外のニーズを的確につかんでおり、市担当の説明の中にも随所にマーケティングの大切さが語られた。この部分は本市の観光戦略において最大の弱点であり今後の課題と言えよう。

行政視察レポート~PR推進事業について(宮崎県都城市)

この度は大変良い先進事例を視察させて頂きました。宮崎県各市ご担当に感謝申し上げるとともに、心よりお礼申し上げます。
ありがとうございました。
2018/10/24

行政視察レポート~油津商店街の活性化の取り組みについて(宮崎県日南市)

行政視察レポート~油津商店街の活性化の取り組みについて(宮崎県日南市)

広島カープのキャンプ地で知られる日南市の油津商店街は地方の中小都市のご多分に漏れず萎びたシャッター通り商店街であったが、再生を目標に4年間で20店舗の誘致をノルマに「テナントミックスサポートマネージャー」を月給90万円で全国公募し、「木藤亮太」氏を招いた事が商店街の活性化成功の鍵であったと感じた。

行政視察レポート~油津商店街の活性化の取り組みについて(宮崎県日南市)

「彼の強いレーダーシップと行動力により、衰退した商店街が若者のチャレンジする新しい町に変わった」と言う市の担当者の目が輝いていた事が何よりの証拠である。昔と同じ商店街を再生するのではなく、商店街に事業所や交流施設などがあり多世代間のコミュニティが生まれる、現代に即した新たな商店街が形成されることが市街地活性化の真の姿ではないかと強く感じた。

2018/10/23

行政視察レポート~観光振興戦略について(宮崎県宮崎市)

宮崎県宮崎市では市内最大の繁華街である「ニシタチ」を観光素材と捉え、宮崎の食や人の交流拠点として、全国に発信している。

行政視察レポート~観光振興戦略について(宮崎県宮崎市)

その背景には「スナック」の人口あたりの件数が日本一ということがあり、「スナック」を市民文化として捉え、高級ブランドの「宮崎牛」と共に積極的にPRをしている。またマーケッティング調査を活用し、関西圏をターゲットに誘客を図っている。他方では、インバウンドはもちろん、修学旅行やスポーツ合宿など、観光産業を地域活性化の大きなファクターとして位置づけしている。

行政視察レポート~観光振興戦略について(宮崎県宮崎市)

地方都市では商店街の活性化は一般的に施策として行われているが、繁華街の活性化はその機能整備も含めて珍しい。本市においても兼ねてから提案しているが、高知のひろめ市場や鹿児島の屋台村、そして今回の「ニシタチ」の様に、行政と民間が「飲食」を観光素材と捉え、積極的に活用する次期が来ている事を改めて認識した。

2018/10/19

青少協だよりに掲載を頂きました

青少協だよりに掲載を頂きました
友人から「青少協だより見たよ。いいね。」と写真を頂きました。原坂一郎氏の良い言葉が載っています。せっかくなので全文を掲載しておきたいと思います。

青少協だより
平成30年10月15日 第58号
大歳地区青少年健全育成協議会
会長 馬越帝介

「5つの簡単なことを大切に・・・」

 平素は、子どもたちの健全育成に向け、ご理解とご協力を賜り、心より感謝申し上げます。
 今回は先日某番組に出演されていた、ラジオ、新聞など、多くのメディアで「子育て相談室」を開いている原坂一郎氏のなるほどと思えた言葉を紹介いたします。

 引用
 ちなみに僕は1分もしないうちに、知らない子どもとすぐに友だちになれます。その方法は、子どもと一緒に教材を楽しむコツにもつながると思いますので、ぜひ実践してみてください。

 ①子どもにふれながら関わる
 ②子どもに語りかけながら関わる
 ③一緒に遊びながら関わる
 ④ほめながら関わる
 ⑤笑顔で関わる

 すごくシンプルですけど、簡単でそれこそ10秒でできることばかりです。どんな時でも僕は子どもと接するときにはこの5つを忘れません。そうするとあっというまに「いい関係」になれるからです。
 子育て期間中はとにかく大変なことが多いのですが、実はお母さんが最も輝いている時期でもあります。いつか、あの時期が最も楽しかったと言えるよう、未来の思い出の貯金箱を増やしていると考え、この時間を十分に楽しみ、慈しんでくださいね。

2018/10/18

平成30年第4回山口市議会定例会


平成30年第4回山口市議会定例会 馬越帝介

9月3日より10月17日の間、平成30年第4回山口市議会定例会が行われ、私は一般質問・質疑の先陣を切って9月10日に以下の質問を行いました。

ア 山口市コンパクト・プラス ・ネットワークのまちづくり計画の中間案について
イ 農業大学校と農業試験場等の統合に ついて

市議会一般質問の映像及び議事録はホームページ上に全て公開されています。皆様にも市政に興味をお持ちいただき、是非ご覧いただければと思います。

○議会インターネット中継
 平成30年第4回定例会 9月10日(月) 馬越帝介(自由民主党山口)
○議事録
 山口市議会議事録 2018年09月10日:平成30年第4回定例会(2日目) 本文